穴場物件を探すポイントとは

>

情報収集こそ近道

エリアが決まっている

より豊富な情報から探すならば大手の不動産屋ですが、自ら探すのであれば大手も地元の小さな不動産屋も穴場探しのターゲットです。
大手の不動産屋であれば、詳しい資料や間取り図など、豊富にそろっている可能性が高いです。
地元の小さな不動産に、そのような情報が少ないかと言えばそうではなく、扱っている物件は大手よりも少ないにしても穴場物件は同様にあります。
自分で探しに行く、自ら現場に行けるのであれば、大手であろうが地元の小さな不動産屋であろうが同じです。
ホームページがないような地元密着の不動産屋も駅の近くなどにはまだまだあります。
むしろ、どこの不動産屋も扱っていないような希少な物件こそ地元の小さな不動産屋にあったということもよくあるようです。
自ら探しに行けば、必ずあるのが穴場物件です。

不動産屋に行ってから

ネットなどに公開される前の物件情報にふれるには、不動産屋に直接探しに行くことですが、いくつかポイントがあるようです。
大手不動産屋や全国展開しているチェーン店だけでなく、必ず地元密着の不動産屋にも探しに行くことが穴場物件と出会うチャンスが広がります。
ネットや多くの目にふれない優良物件がある可能性大です。
また、基本的なことですが、営業担当者と仲良くなる、うまくコミュニケーションをとることも重要です。
よい物件があれば、紹介してもらえるような信頼関係をつくるのもポイントとなるでしょう。
その上で自分の希望する条件などを伝えることで、より親切に探してくれることもあります。
やはり、こちらの「借りたい」「購入したい」という熱意も時には必要なのかもしれません。


この記事をシェアする