離婚をするときは弁護士に相談した方が良いワケ

精神的にも肉遺体的にも辛い離婚を弁護士に手伝ってもらおう

>

弁護士が間に入ることによってトラブルが軽減される

離婚時のストレスが軽減される

離婚する際に弁護士を挟まずに自分たちだけで解決させようと思うと、とても苦痛なことが待っています。
それはこの先のことをどのように決めていくかの問題です。
二人の間に子供がいる場合は養育費や、それ以外にかかる病院費など、必要になってきた時に二人がどのようなやり取りをするかを先に考えなければいけません。
ふたりの仲は離婚するほどの状態になっているので、簡単に、スムーズに話が進むわけがありません。
このような時に弁護士ひとりを挟むだけで、お互いの意見を弁護士がまとめ、真っ当な答えを出してくれるので、お互いが会う必要もなく、二人とも納得いく答えが出てから、安心して離婚ができるのです。
離婚する相手との話し合いは思っている以上にストレスが溜まり精神的にも追い詰められてしまうのです。

離婚公正証書を作成してくれる

離婚時の約束事は、口約束だけだと、後から約束を破られる事もございます。
そうなった場合に、証明する物がなければ、泣き寝入りする事になってしまうかもしれません。
ですので、離婚公正証書をつくっておくと良いでしょう。
離婚公正証書のメリットは、例えば、養育費など離婚給付を支払ってもらえなくなった時など、裁判を経ずに強制執行をする事ができます。
そして、トラブルなどを未然に防ぐ事もできますし、紛争リスクも軽減する事ができます。
弁護士に依頼した際には、弁護士が作成してくれますので、何度も公証役場に足を運ばなくても済みますし、相手方にも会わなくても済みます。
大きな手間も省けますし、精神的ストレスも軽減されるでしょう。

ですので、離婚の際には、弁護士に依頼する事をお勧めいたします。


この記事をシェアする