離婚をするときは弁護士に相談した方が良いワケ

精神的にも肉遺体的にも辛い離婚を弁護士に手伝ってもらおう

>

弁護士に依頼して離婚するメリットやデメリットとは

弁護士に依頼した時のメリットとは

弁護士に依頼した時のメリットは様々あります。
例えば、離婚時に大きな不安や負担がかかっている時に、弁護士からアドバイスを受けられる事や最も有利な解決をしてくれるなど、心強い味方になってくれるでしょう。
そして、離婚調停をするにあたって、自分で作成しなければならい書類なども弁護士を依頼する事によって、手間が省けます。
他にも、離婚公正証書を作成してもらえるメリットなど様々ございます。
弁護士に依頼すると、正しい法律や法的知識が豊富で経験がございますので、交渉も有利に進めてくれるかと思います。
とくに、精神的にも肉体的にも悩みを抱えられている方などは、無理に1人で悩まずに、一度、弁護士にご相談されてみてはいかがでしょうか。

弁護士に依頼した時のデメリットとは

弁護士に依頼することによって、当たり前のようにかかってくるものはお金です。
離婚をする西に後でもめることのないように二人の約束事として署名は、行政書士や時にはルールに基づいて自分で書くこともできるのですが、弁護士に頼んで書いてもらう方が、確実だと言われています。 
理由としてもし離婚後に何かあったとしても、行政書士や自分で書いた書面だと、裁判になった時に効果があるのかと言うと、そこまで結果に繋がることがあまりないのです。
行政書士の場合は全く書面が無いよりは良いのですが、確実に裁判の結果に反映されるのは弁護士が作成した書類だと言われています。
だからこそ金額がとても高いのはしょうがないと言ってもおかしくないのですが、簡単に払える金額ではない時もあるので、弁護士を雇う前に相談することが良いでしょう。


この記事をシェアする